読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「フツーの僕がゆく」

どこにでもいる普通の人間の僕が、日々の生活の中で気付いた楽しみなど書いていきます

ボルダリング(外岩)

f:id:chokkosan:20170326235809j:plain

 

こんばんは!「ちょっこう」です。

今日はボルダリングのお話。

 

通常、ボルダリングって室内(ジム)で登るのと、外で本物の岩を登るのとで2パターンあるよね。

 

僕はボルアリングを始めて約1年半位なんだけど、最近は外の方に魅力を感じてます!

なので、外岩の魅力を少しだけご紹介。

 

魅力① 自然

外岩って当然外にあるわけで、大抵は自然に囲まれた場所にあることが多い。

綺麗な川の近くだったり鬱蒼とした山奥だったりするんだけど、どちらも都会を離れて自然の中で身体を動かすってのは気持ち良いもんです。

 

魅力② 達成感

ジムで登っているときのゴールって指定されたゴールのホールドを両手で触って3秒経ったらクリア。

でも、外岩の場合は岩の上に立って初めてゴールとなるんだよね。

何度も何度もトライしてやっと岩の上に立てた時の達成感は格別です!

ジムでもクリアすれば嬉しいんだけど、外岩の達成感とはまた違うんだよね。

 

魅力③ グレード

ボルダリングって課題の難しさによってグレード分けされてます。

ジムだと7級くらいから初段くらいまでかな。

このグレードがジムによってまちまち。

あるジムでは3級くらいでも難易度でも、別のジムでは5級くらいに設定されてたりとか。

だから自分が今どのくらいの力を持っているのか分からなくなる。

でも、外岩って課題に名前がついてたりして、その課題は世界に一つだけ。

グレードも共通だから、自分の現在地が分かりやすい。

 

魅力④ 仲間

外岩に行くと色んなジムからたくさんのクライマーがいます。

ジムでも同じだけど同じ課題に取り組んでいると自然と仲良くなるもんです。

中にはとんでもなく強い人もいるけど、強い人に限って優しくアドバイスしてくれる人が多いような。

最初は緊張するけど、色んなジムから集まるクライマーと触れ合うのは良いもんだよ!

 

魅力⑤ 強くなる

これは何となく何だけど、外岩に行きだしてから強くなってきた気がする。

もちろん外岩の登りたい課題をクリアできるようにジムでトレーニングしたりするせいもあるんだろうけど。

外岩だとルートは決まってるけど、明確なホールドの指定は無かったりするから、自分にあったホールドを見つけたりしながら、ムーブを組み立てるんだよね。

「これだ!」ってのを見つけた時はテンション上がるよ!

 

 

ボルダリングを始めたばかりの人だと登れる課題も少なくて、つまらないと感じてしまうかもしれないけど、ある程度登れるようになったら外岩も試してみて!

 

外岩に行くと他にも魅力がたくさんあるよ!

どこに魅力を感じるかは人それぞれ!

 

 

それでは怪我には注意して、ボルダリングを楽しみましょう!

 

 

おやすみなさい。