読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「フツーの僕がゆく」

どこにでもいる普通の人間の僕が、日々の生活の中で気付いた楽しみなど書いていきます

胃カメラ

f:id:chokkosan:20170314012331j:plain

 

 

こんばんわ!「ちょっこう」です。

今日は先日初めて飲んだ胃カメラのお話し。

 

 

慢性胃炎

2年連続健康診断で慢性胃炎と診断され、初めて再検査を受けることに。

再検査の内容は胃カメラ

そお、辛いと噂の胃カメラ

 

 

検査予約

「受けたくないなあ」「受けずに済ませてしまおうかなあ」と迷いながらも、万が一の不安にかられ近所のクリニックを予約。

WEBで簡単にできた。

最後の予約確定をクリックするまで、やめようか迷ったけどね!

 

 

検査前日

朝一の検査の場合、夕食は21:00までに済ませるよう注意書があったので、日中は普段通り過ごし夕食は早めに済ませて、とっとと就寝。

 

 

検査当日

ヤバい

怖い

行きたくない

当日になり完全にビビりながらも、どうにかこうにかクリニックに到着。

受付を済ませて待っていると、看護婦さんが優しく胃カメラの説明をしてくれました。

 

 

あなたの胃カメラは鼻から口から?

まず麻酔をかけるかを確認され、注射嫌いの僕は迷いながらも麻酔無しを選択。

その場合、鼻からの方がオエッてならないとのことで、僕の初胃カメラは鼻からに決定!

ピロリ菌の検査どうしますかについては、せっかくだしやっておくことに。

 

 

いよいよ診察台へ!

診察台の上で仰向けになり、カメラを入れる鼻に麻酔をします。

この麻酔はスプレーなんで安心です。

2回ほどスプレーすると麻酔が効いてだんだん感覚が鈍くなってきます。

意外と楽に終わりそうな予感!

 

 

胃カメラ挿入

麻酔が効いてきたころ先生が登場し、いざカメラ挿入。

チラッと胃カメラに目をやると

太い!!!

針金くらいを想像していたのに、実際はストローくらい。

あの縦に線の入ったストローくらい。

これを鼻から胃へ通すのか!?

いや、通るまい!

そんなことはお構い無しに、先生は早速鼻の中にカメラを挿入して行きます。

「イターイ!!!」

看護婦さんに背中をさすってもらい、痛みに1分ほど耐えていると、無事に胃カメラが鼻を通過し食道へ到達。

こうなるとオエッとなることもなく、痛みもありません。

ただ、恥ずかしながら涙ポロポロでてました。

 

 

さて自分の胃の中はどんなかな?

鼻から入れたせいか検査中は全くオエッとならずに、カメラの映像を見ることができます。

へぇー、意外と綺麗なんじゃなかろうか?

素人ながらにそんな風に眺めていました。

胃の中を満遍なく撮影して、最後にピロリ菌の検査のために、ピンセットみたいな器具で細胞を取って終了。

細胞を撮るとき血が出るのが見えたけど、痛みは全く感じない程度。

 

検査が終わってしばらく待つと、先生から検査の結果について説明を受けます。

 

 

さて結果は

やっぱり慢性胃炎

他には特に胃癌もポリープも無し!

慢性胃炎はピロリ菌が原因かもしれないので、二週間後にピロリ菌の検査の結果を聞きに行って終了!

あ、ピロリ菌がいたら退治して終了!

 

 

感想

相当ビビっていたけど、終わってみればそこまででも無いかも。

口から入れるとオエッとなって辛いって聞くけどね。

鼻は少しの間我慢するだけだし、麻酔も無しで良いかな!

麻酔しちゃうと中の様子見られないしね。

 

僕と同年代の人なら、そろそろ健康診断で引っかかる人が出てくるよね。

僕と同じように胃カメラにビビってる人もいるでしょ?

鼻からならきっと大丈夫!

さっさと済ませて安心しちゃおう!

 

 

 

 

それでは皆さんの健康をお祈りして、おやすみなさい。